ストレス・睡眠不足は一番ヨクナイ!ハゲを改善しよう!

くらし お悩み

2017/09/11(月)

睡眠不足とストレスとハゲ

今回は一度は聞いたことがあるハゲと睡眠不足、そしてストレスとの関係をぼくが実際に感じた経験を元に、一般的な話も含めながら書いていきたい。

社会人デビュー後ハゲが増える?

あなたの周り(もしくはあなた自身)にも、社会人デビューして数年ですっかりハゲてしまった人がいないだろうか。ぼくの周りにはけっこういる。大学の友人と数年ぶりにあってみるとかなりおでこが広がっているのである。

ぼくは理系だったので友人の半数近くは大学院に進んでいた。そんな大学院進学組みの友人に同じような時期に会ってみてもハゲてはおらず、以前と同じ毛量をしていた。

これはあくまでぼく自身の体験談だが、やはり社会人デビューと若ハゲには少なからず関連性があるように思う。実際、友人だけでなくぼく自身も社会人デビューして数年で同じく若ハゲが進行してしまっていた。

社会人デビューと若ハゲは関連性があるように思える

社会人デビューして変化するトコロ

では社会人デビューをした場合、大きく変化するのはどういったトコロだろうか。そういった大きく変わってしまった環境が若ハゲを引き起こしているはずだ。何しろ大学院に進学した友人たちはまったくハゲていなかったのだから。

大きく変わるところとして一番思い当たるのが拘束時間の大幅な増加だ。何しろどんなにまったりした仕事であっても朝9時~夜5時まで確実に職場に拘束される。通勤時間などを含めれば24時間の2/3もの時間を仕事に当てている人も少なくないのではないか。

仕事の拘束時間が増えると当然他の時間が少なくなりがちだ。例えば食事もあまり噛まずに飲み込んでしまったり、お風呂もシャワーだけで済ましてしまったり。そしてもっとも割を食うのが睡眠時間だろう。社会人デビューした人のほとんどが睡眠不足になっていると思う。

また、仕事でかなりのストレスを感じている人も多いはずだ。もちろん先述した拘束時間だけでも自分の時間が少なくなるというストレスがかかり続けているし、さらに職場での人間関係や仕事の責任など、むしろストレスを感じないときの方が少ないだろう(特に社会人なりたては特に)。

こんな風に社会人デビューして大きく変わる習慣としては、睡眠不足とストレスの増加というコトになる。

社会人デビュー→睡眠不足・ストレス増加

睡眠不足と若ハゲ

睡眠不足になるとハゲる。これはいろいろなところで基礎的な知識として言われてる。

その仕組みは「髪は成長ホルモンで作られる。そして成長ホルモンは睡眠時に多く分泌され、また22時~翌2時までに睡眠をとることで最も多く分泌される。だから睡眠不足は成長ホルモン不足を起こし、ハゲが進行する」といって考え方だ。

ぼく個人のコトになるが睡眠不足の時は髪の質が悪くなったというか、スカスカになってハリがなくなった感じがする。栄養がいきわたっていないような。

社会人デビューしたての頃はどうしても睡眠不足になりやすい。通勤時間内に仮眠を取るようにしたり、休日はゆっくり寝られるようにしたりして、少しでも睡眠不足を改善するのが大事だ。

ストレスと若ハゲ

ストレスを感じ続けるとハゲる。これも基礎的な知識としてよく言われている内容だ。

というかストレスに関してはハゲだけでなくほとんどすべての臓器に悪影響を与える。食欲不振だったり下痢だったり。その他もろもろもだ。

ハゲの場合は一応こんな風に説明されている。「ストレスを感じると髪に必要な栄養素(システイン、亜鉛)が激しく消費される。だから髪にまわす栄養素が足りなくなり、結果ハゲる」

ストレスを感じるとシステインや亜鉛といった髪を生成するのに必要な栄養素が消費されるのは事実なようで、確かにこの説明は筋が通っている。

今すぐストレスフリーな環境にすることはとても難しいと思うので、システイン含め髪を作るのに必要な18種類のたんぱく質(アミノ酸)や亜鉛をサプリメントで補い、栄養不足を改善していくのが大事になると思う。

睡眠不足とストレス環境を改善しよう

今回はハゲと睡眠不足やストレスとの関係性についてぼく自身の体験をもとに紹介した。

社会人デビューすると睡眠不足になりストレスは増える、これははほとんど必ずといっていいほど陥る環境だと思う。そしてこういった環境がハゲを進行させているのは、大学院に進んだ友人と比較するとどうやらかなり深刻に毛量に影響しているようだといえる。

ストレスについてはサプリメントでシステインや亜鉛を摂取するようにし、睡眠不足についてはサプリメントは無いので通勤電車内で仮眠をとるなどして少しでも睡眠不足を改善していきたい。