ココだけ気をつけろ!付き合う前の雨の日デートを成功させる方法

おすすめ処 節約デート

2016/08/26(金)

付き合う前の雨の日デートは本当は危険

最初のデートまではこぎつけるけど、なかなかその次のデートにつながらないことはないでしょうか。

前回の映画館の記事でも少しだけ書きましたが、付き合う前のお互いがどういった人なのか判断している時のデートでは大きく減点となる行動を取らないように気をつけないといけません。

特に女性は付き合える相手かどうか判断するとき、減点方式をとる場合が多いので特に注意が必要です。

雨の日のデートには減点になってしまう要素が数多く存在しますので、出来れば雨の日のデートは避けたいのが男性側の本音だと思います。でも、かなり前からデートの約束していた場合などはせっかくこぎつけたチャンスをキャンセルするのは嫌ですよね。

今回はそんな危険の多い付き合う前の雨の日デートで特に気をつけることを紹介します。

付き合う前の雨の日デートで気をつけること目次

  1. 傘を2本持っていく
  2. 極力雨に濡れないデートにする
  3. 寒さの気配りをする
  4. 女性の場合はタオル、男性の場合はハンカチを持参
  5. 早めにデートを切り上げる

傘を2本持っていく

雨の日のデートと言えば、漫画やドラマとかでもよく見る「相合傘」がまっさきに思いつきますが、相合傘はけっこう濡れてしまうのでお相手からするとあんまりうれしくありません。デートのお相手があなたに気があるなら雨に少々濡れても気にしないと思いますが、そうでない場合だと相合傘で雨に濡れることの減点の方が大きくなるでしょう。

雨の日は普通の傘一本と折りたたみ傘一本を持っていき、お相手が傘を持っていない場合にさっと傘を貸してあげましょう。

極力雨に濡れないデートにする

付き合う前のデートって、気合が入りますし服装や髪型にもいつもより何倍も気を配りますよね。それにそうでなくても女性は化粧をするので雨で化粧が崩れるのを気にします。

だからデートで雨に濡れてしまうとデートそのものの内容よりも「大事な服が台無しになった」「こんな落ちかけの化粧、乱れた髪で出歩くなんて嫌だな」と他の事に気がいってしまい、デートの思い出がそのものがマイナスのイメージになってしまいます。

なので雨の日のデートでは出来る限り雨に濡れないデートコースをとるように心がけるのがおすすめです。

寒さの気配りをする

雨の日って気温が低いですよね。それに雨に濡れてしまうと乾くまで体温を奪われます。相手の様子をよく見て寒そうにしていたらすぐに暖かい場所で落ち着くようにしましょう。

女性の場合はタオル、男性の場合はハンカチを持参

どれだけ雨に濡れないように気をつけていても店から店への移動時などどうしても雨に濡れてしまうことがあります。女性の場合はタオルを一枚かばんに入れておきましょう。男性の場合はタオルだと少しオネエな印象を与えてしまうのでよくアイロンがけされたハンカチを一枚もっておきましょう。

大事なことは清潔感のあるタオル・ハンカチを用意することです。相手に貸しても快適に使ってもらえるように気を配りましょう。

早めにデートを切り上げる

どれだけ気をつけてもやはり雨の日のデートでは減点になる要素がとても多いです。長ければ長いほどボロが出ますのでうまくいっている段階で切り上げましょう。

それに湿気で髪型や化粧の乱れが普段よりも気になりますし、デートの帰り、駅から家まで普段使わないバスで帰らないといけなかったり、洗濯物の処理が普段とちがったりと雨の日はいろいろ普段とは違うことが多いもの。せっかくのデートなのでたくさん一緒にいたいのはわかりますが、雨の日デートではあまり連れまわさず少し早めにデートを切り上げましょう。

付き合う前の雨の日デートをうまく乗り切ろう!

今回は雨の日デートでココだけは気をつけろ!というポイントを紹介しました。

雨の日デートは減点ポイントが多いので、まだ相手の事を見定め中の付き合う前のデートでは特に注意が必要です。今回紹介したどの項目に対してもそうですが相手への思いやりが大事ですので、その気持ちがあれば大丈夫だと思います。

次のデートにつなげられるよう参考にしてみてくださいね。