「会話が続かない!」を克服して初デートを成功させよう

おすすめ処 節約デート

2017/09/14(木)

初デートで会話が続かない!克服法

初デートとなると、あなたも相手の方もお互い緊張しているのでどうしてもぎこちなくなってしまいますよね。というより初デートから友達のように話せるほうが不自然ですし、異性として見て・見られていないのかなと感じてしまうくらいですよね。

こんな風にどんな人でも多かれ少なかれ初デートでは緊張してしまうものですが、お互いが相手のために時間を作ったからこそ過ごせる初デートなのですから、どうせなら一緒に楽しい時間を過ごしたいですよね。

今回は緊張してしまってなかなかうまく会話が続かない、そんな初デートを克服するいくつかの方法を紹介してきますね。

初デートで会話が続かない:もくじ

  1. 相手が答えやすい質問をしてあげる
  2. 答えやすい質問ってどんなの?
  3. 答えにくい質問例
  4. 答えやすい質問:聞く内容編
  5. 答えやすい質問:聞き方編

相手が答えやすい質問をしてあげる

初デートで会話が続かない理由、それは記事の最初にも書きましたが、お互いが緊張してしまっているからです。

あなたが緊張しているだけでなく、お相手も同じく緊張しています。そしてそれはむしろあなたにとって嬉しいコトですよね。相手の方はあなたを異性として意識しているからこそ緊張しているわけですから。

そんな状況の初デートですから、普段なら難なく答えられる質問でもうまく答えられなくなってしまうんですね。そうすると会話が続かなくなりどんどん尻すぼみになっていく…。あまりいい雰囲気ではないですよね。

だからあなたは、相手のそういった心の状態をちゃんと考えてあげた上で普段よりいっそう答えやすい質問をしてあげる必要があるのです。

答えやすい質問ってどんなの?

では緊張していても答えやすい質問ってどんなのでしょう?

ここで一つ質問です。「あなたは初デートで相手によく見られたいですか?悪く見られたいですか?」

当然「よく見られて次につなげたい!」と思いますよね。中には「ありのまま見られたい」という方もいらっしゃるとは思いますが、少なくとも初デートでマイナスな印象を与えたくはないですよね。(もし仮に、あなたが恋愛において追いかける立場で、相手は初デートにあまり乗り気でなかったとしても、それでも少なからずあなたからよく思われたい、マイナス面は見せたくないと思うものです。)

というより初デートで「会話を弾ませたい」のは「会話が続かないとマイナスな印象をもたれてしまう」からですよね。面白くないヤツ、退屈な人と相手に思われたくないのです。

こんな風に「マイナスな印象を与えたくない!」とキッと構えていて、さらに緊張もしているので「答えることで相手にマイナスの印象を与えるかもしれない質問」が急に来るとうまく考えられなくなるんです。

「これを言ったらあなたに嫌われるんじゃないか、幻滅するんじゃないか」と相手が思う質問は初デートでは特に避けるべき質問なわけです。会話をつなぐためにがんばって探した話題だったのにその質問のせいでより空気が悪くなってしまう。それはこういった”よくない質問”をついつい聞いてしまっているからなんですね。

さあ、ここまで理解できたら後はカンタン!相手に何か質問をする前、一呼吸おいて自分だったらその質問に答えやすいかをイメージ。大丈夫そうだったら改めてお相手に質問してあげてください。これが「会話が続かない!」克服の第一ステップです。これだけでぐっと自然な会話ができますよ。

答えにくい質問例

「会話が続かない」を克服して初デートを成功させるため、ここでは答えにくい質問について具体的に見ていきますね。

例えば鉄板で聞いてしまうような「趣味はなに?」という質問はあまりよくありません。なぜなら趣味というのは人のマイナスやプラスの印象に大きく影響があるからです。あなたも趣味からその人の人間性を判断してしまうコトがあるのではないでしょうか。パンクバンドが好きならチャラい、みたいな。

「オタクなのを知られたら…」や「お笑いライブが大好きなのはどう思われるんだろう」など、趣味を聞かれたらたくさん考えてしまいますよね。

趣味と同じで家族の話も会話が続かない代表的な質問です。「片親なんだけどどう思われるだろう」や「あんまり親と仲良くないのはマイナスだよな」など、二人の今後を考えているからこそ答えづらい質問ですよね。

答えやすい質問:聞く内容編

今度は会話が続きやすい、答えやすい質問について見ていきましょう。まずは聞く内容を克服していきます。

答えやすい質問というのは「マイナスな印象を発生させない質問」というコトでしたよね。そう考えるとプライベートな内容はほぼほぼNGです。そう、会話が自然に続くために大事なのは「どうでもいい質問」なのです。

例えば「最近暑いね。昨日ちゃんと寝れた?」とか「朝寒かったよね。ちゃんと起きられた?」とかです。ほんとにどうでもいい質問なのでどう答えようがマイナスな印象を与えません。だから答える側もずっとリラックスして受け答えができる。そして自然と会話が弾むんです。

さらにこういうどうでもいい質問から「寝られないよね。通販見て過ごしてたよ。○○さんは?」とか会話を続けるコトがカンタンにできます。

答えやすい質問:聞き方編

ただこんなどうでもいい質問ばかりしていても二人の仲はなかなか進展しませんよね。やっぱり趣味なんかのプライベートなコトも聞いていきたいトコロです。ですので次は”聞き方”を克服してみましょう。

先ほどの趣味の話でいうと「趣味は何?」がNGなのは範囲が広すぎるからです。答え方が無数にあるので、質問された相手の頭の中は「どの趣味ならマイナス評価にならないのかな…。でも早く答えないと!」と必死に考えてしまう。数秒後口から出たのは「特に何も」になっちゃう。そして「会話が続かない」となるワケです。

プライベートなコト、マイナス印象が発生しちゃうような質問をするときはぜひ聞き方を変えてみましょう。「最近この小説読んでてさ。○○さんは最近なんか読んだ?」みたいに範囲を限定して質問してあげるといいです。もし相手の趣味が読書なら先にあなたが読書好きだと伝えている分さらに話しやすくなりますし、読書が趣味じゃなかった場合も単に「最近忙しくてあんまり読んでないな」で会話をいったん終われ、マイナス評価を避けられます。とっても楽に会話ができますよね。

また、さらに範囲を限定する方法もあります。お笑い好きかどうか聞きたい場合を例にあげると「あの芸人おもしろいよね。ああ、でも○○さんはニュース番組とかのが好きそうだね」など、もうこちらで質問の答えを選択形式にしてあげます。そうすると相手はどちらかを選べばいいだけ。緊張する頭でもさらに楽に会話を続けるコトができますよね。

こんな風に聞き方を変えただけで、マイナス印象を気にしないで気軽に答えられる質問にチェンジできるんです。ぜひ試してみてくださいね。

会話が続かないのは不自然じゃない!

ここまではより自然に会話を弾ませる方法を、聞く内容や聞き方に分けて克服方法を紹介してきました。最後にそれでも会話が続かない場合のおはなしをします。

そもそも、初デートで緊張して会話が続かないのは当たり前のことなのです。確かにあまりにも会話がないのはそれこそマイナスの印象を与えてしまいかねないので避けたいところですが、それよりも会話が続かないのを気にするあまり、余裕がなくなりそわそわしてしまう方がマイナス印象を与えてしまいます。

会話がなくてもむしろ初デートならではの心地よい緊張感として楽しむ。それくらいの余裕をもてるように心がけたいです。(といってもいざデートが始まればそんな余裕がなくなってしまうものですよね。トイレで1人になったときなどにできたらゆっくり一呼吸。余裕を持てるようもう一度心を立て直してみてくださいね。)

会話が続かない克服法:まとめ

今回は初デートで緊張してしまってうまく会話が続かない!そんな人に克服方法を紹介しました。

相手の方も緊張しているコト、だからこそ、どうでもいい質問や聞き方を工夫して答えやすい質問をしてあげるコト。最後に、初デートで会話が弾まないのは当たり前だというコト。

いざデートが始まればそんなこと吹っ飛んじゃうかもしれませんが、デート中どこかでゆっくり深呼吸。余裕を少しでも持てるように心がけて、初デートを楽しんできてくださいね。