自転車旅行

自転車野宿旅行:兵庫半周と京都の天橋立まで

おすすめ処 旅行

2015/07/08(水)

自転車で兵庫一周したい

ぼくは兵庫県在住なんですが、生まれてからかなり長い間ずっと住んでいる兵庫なのに、知らないところがほんとうに多いです。例えば神戸の布引の滝、新神戸駅から徒歩でいけるところに滝があるなんて生まれて20数年、まったくしりませんでした。それに近所の路地だって一歩入ったらこんなところに池が、だったり、こんなところに商店街が、なんてことはざらにありました。そして旅行を一応終えた今でもたくさんあります笑。そう思うとグーグルカーってすごいですよね。

これまでの旅行

最初。野宿とかキャンプとかサバイバルとかをしてみたいという願望があって、野宿にチャレンジしていたのですが、夜寝れない、寒い、というのですぐ弱音を吐き、一泊二日でよろよろと家に帰ってくるというのが何度かありました。ま、そりゃいきなり野宿できたらすごいですよね。家のふとんでこころゆくまで熟睡しました。 次に、いつもいつも家から出発しているから辛くなるとすぐに帰れてしまう。それなら帰ってこれない距離から始めてやろう、という事で徳島まで船で渡って、そこから家のある兵庫まで歩いて旅行するというのにチャレンジしました。もう3年ほど前の事になりますが、これがなんとか成功しました。家に着いたとき、「よしっ!」と、とても達成感がありました。あとめっちゃ日焼けしてました。でもこれですこしだけ旅行に自信がつきました。 そして前回、広島から自転車で兵庫まで帰ってくるという旅行をしました。前回の徳島から歩くっていうので想像以上に速度が出なかったんです。10キロ歩いたらめっちゃ疲れているし3時間経っているし、と。それで自転車の登場です。このときもやっぱりスタートを兵庫から遠ざけて広島からのスタートにしました。まだまだ兵庫からだと絶対に途中で家に帰る自信がありました笑。これもいちおう成功、というか無事家にたどり着いただけなんですが、その日の夜に飲んだビールがめっちゃおいしかったのを覚えています。 なのでまだ2回しかちゃんと旅行が出来たことがないんですね。

今回の旅行

今回の旅行は前回、前々回の旅行を振り返って、その時からずっとあった兵庫を一度ゆっくり回ってみたいというのにチャレンジすることにしました。一番に心配なのは兵庫スタートな事。最悪2000円も出せば電車で家まで帰ってこれます。でもずっとそうはいっていられないので、そろそろ兵庫スタートもいいのかな、とも思っていました。要するに気持ちが揺れていたんですね。 そんな気持ちの中、今年(2015年)の5月に時間がとれたので旅行に出かけることにしました。いつもそうなんですが、出かけるって時になるとおっくうになってしまうんですよね。大丈夫かな、とか。ちょっとめんどくさいなとか。行けば楽しいんだけれど。

自転車旅行の準備

自転車について

ぼくの場合(場合といってもまだ過去1回いっただけなのですが)、自転車はママチャリで行っていました。ロードバイクだと荷物が積めないとばかり思っていた(本当は後輪部分にカバンを付けることができるんですね)ことと、そしてなんといっても気楽に行きたい、高い買い物をして壊したら大変だと感じ、ママチャリにしてました。 話がすこしそれて、6月から自転車の道交法が変更されましたが、自転車旅行にどれくらい影響してくるんでしょうね。歩道が片方にしかない道路だと場所によって歩道が左右変わるんですが、タイミングによっては車と向かい合う(逆走)走行になってしまうので、自転車からすると道を整備してほしいな、という気持ちになります。…脱線してしまいました。

初テント

その他の持ち物は寝袋、そして今回初めて持っていくテントです。 基本的にはどの旅行でも、野宿を基本にしています。お金がないのもありますが、野宿できたらいろんなところで寝られるようになって便利かなと思い、自身の眠り技能(?)というのかそういったのを鍛えたいのが大きいです。 ただ、これまでの旅行で一番身にしみたのが、なかなか寝付けないことでした。やっぱりまわりでいろいろ音がする中で寝るのはどうしても眠りが浅くなってしまうんだと思います。広島から帰ってきてからいろいろ調べたところ、テントがあれば外界から隔てられるので眠りやすいということが分かりました。眠り技能を高めるという目的からは逆行している気はしますが、物は試しだという事で今回の旅行にはテントを持っていくことにしました。

旅行に挑むにあたって

旅行の目標。本当は目標なんかなく、ゆっくりとまわれたら一番だと思うんですが、ぼくは何か小心者なところがあるのか、いつも目標を作ってしまいます。そして今回の目標は、第一に兵庫を堪能すること。そしてできるなら例えば車で出かけたときとかに、「ああ、あそこ。いったわー」とミサワになれるくらい詳しくなることです。第二に先にも書きましたが野宿を通して眠り技能を鍛える事です。特に一番気にしているのが夜行バスで、これはどんだけ眠たくても寝ることができないんです。とにかくおしりが痛い…。野宿という硬い地面の上で寝る経験を通してこれを克服できたらなと考えていました。

準備のまとめ

  • 広島旅行とおなじでママチャリで旅行する
  • 基本的には野宿
  • 目標は兵庫にくわしくなること
  • 持ち物はテント、寝袋
こんな感じで万全の準備をおこない、旅行に望むことに。 そして当日を向かえるのですが、起きたのが昼の14時ごろ。今日は辞めとこうかな…という気持ちをなんとかぬぐって、荷物を積み込み出発しました。