【ワードプレス5.0】強制的に入ってきたGutenbergエディタ

くらし パソコン

2018/12/14(金)

ラムネグから一言:無料アプリを3つ作りました。記事下部にリンクがあるので見てみてくださいね。さっそくみてみる

ワードプレス更新したら…

そういえば長い事ワードプレス更新してなかったな、と思い更新してみたら、、、すごい事になってるんですね。

今まで慣れ親しんできたエディタが「Gutenberg」っていうエディタに強制的に変えられちゃってるんですね。物は試しと使ってみたのですが…

Gutenberg使いづらい!

Gutenberg、とにかく使いづらいです。

もともとのエディタに慣れすぎていたっていうのも大きいと思うんですが、そもそもGutenbergってブログを書くエディタじゃなくて、ホームページをデザインするためのエディタですよね。ペライチとかWIXとかでホームページ作るやつ。

こういったタイプってデザインも考えないといけないから記事書くのが遅くなるんですよね。

かゆい所に手が届かない

GutenbergみたいなエディタはHTMLをまったく触らなくてもキレイなホームページにできるのがメリットだと思います。

だから同じようなエディタのWIXとかペライチは「手軽にきれいなWEBサイトが作れる!」っていうのを売りにできてるんですよね。

…ただ、ワードプレスはそことは使ってる層が違うと思うんです。

最近はワードプレスも「かんたんインストール」みたいなサービスを行っているレンタルサーバーが多いですが、それでも少なくともレンタルサーバーの契約っていうメルアドの登録だけでいいwixやペライチとは比べ物にならないハードルを越えているんですよね。

そんなハードルをわざわざ超えてワードプレスを使っているのって、wixとかペライチだとかゆい所に手が届かないからな人が多いのでは。

そういった人にあえて同じようなエディタを渡すっていうのは、いかがなものかと思います。(Gutenbergの細かなカスタマイズもそのうち情報が出てくるのかもしれませんが…)

文字も変わっちゃった

あと日本語だけだと思いますが、エディタのフォントが明朝体に変わってます。

すっごい好みの問題になっちゃうんですが、明朝体のエディタ嫌いなんですよ。…なんかさっきから悪態しかついてませんね。スミマセン。

てことで「Classic Editor」

できれば新しい技術は使いたいところだったんですが、今回のGutenberg、個人的には劣化アップデートです。

せめてエディタを選べるようにしてほしかった。Gutenbergを使いたい人もいるだろうし。

仕方がないのでプラグインに頼りました。「Classic Editor」っていうそのものズバリの名前ですよね。

この「Classic Editor」プラグインをインストールすると前のエディタに戻すことができます。今書いているこの記事も「Classic Editor」で書いてます。

Gutenberg、批判も多そう

個人的にGutenbergエディタはよくないアップデートだと感じています。

フォーラムとかをのぞいたわけではないので想像でしかありませんが、ワードプレスユーザーからも批判が多いのではないでしょうか。

アップデートで昔のエディタを選べるようにしてくれるといいのにな、という感じです。

【どどん!】ラムネグではただいまアプリを絶賛提供中!さあ、選べる3つの無料アプリ!あなたはどれにする?

【わたガチャ】

あなただけのガチャを作ろう♪

すたーと!

【みんガチャ】

みんなで一つのガチャを作りあげよう♪

すたーと!

【litty-リティ】

秘密のメッセージをフォロワーさんに送っちゃおう!

すたーと!