ユニクロでの試着方法は?Tシャツやシャツも試着できるの?

ファッション

2016/03/09(水)

ユニクロでの試着方法の紹介

ユニクロは服屋さんの中でも入りやすい服屋さんです。店員はぜったいに話しかけてきませんし、お客も多いので店員との気まずい雰囲気を感じることもありません。

また全国各地に店舗があること、ネットストアがあることから、商品情報をカンタンに知ることが出来て安心感があります。

そういった理由から初めて服を買いにいく場所としてユニクロがよく選ばれますし、おすすめの服屋でもあります。

ただそうはいっても試着時は店員との会話もありますので、服屋独特の雰囲気に慣れていないと少し気後れしてしまう事があります。

この記事ではそんな最初に行く服屋で試着するからこそ気になるユニクロでの試着方法を紹介します。

試着しないで買っちゃダメ?
試着しないで買っちゃダメです。サイズ感が服を選ぶ上で最も重要なことです。(特に男性の場合は)服装がオタクっぽくなるのもチャラ男になるのも、清潔感を出すのもサイズ感が大きく影響します。サイズ感に妥協は禁物です。
試着
買う気がないのに試着しちゃダメ?
そんなことはありません。「試着した=もうほとんど買った状態」ではないので安心してください。試着というのは、なんとなく気になった服をただ身体に合わせてみて確認するだけのコトです。店員さんも同じように思っており、試着しただけで買うとはまったく考えていません。遠慮せずどんどん試着しましょう。

ユニクロで試着、気になるところ-目次

試着で気になるところとしては以下が挙げられると思いますので、一つずつ説明していきます。

  1. 試着する前に店員に断りは必要?
  2. 何点まで持ち込めるの?
  3. Tシャツは試着していいの?
  4. パッケージやピン止めしてあるシャツ等は試着していいの?
  5. 化粧してるときにトップスの試着はできる?
  6. 裾上げの方法は?
  7. 試着室から出る時はどうすればいいの?
  8. 一日に何度も試着していいの?

ユニクロで試着する前に店員に断りは必要?

多くの服屋さんでは試着室に人を配置していません。なのでフロアにいる店員に試着する旨を伝えて試着することになります。

ユニクロの場合はこの点が違い、試着室に必ず一人は店員さんがスタンバイしてくれており、試着室への案内を丁寧に行ってくれます。

なのでこちらの手順としてはカゴに試着したい商品を入れ、そのまま試着室に行くだけです。あとは店員の指示を待ちましょう。

次に店員の指示の流れを紹介します。

  1. カゴに試着したい服を入れてそのまま試着室にGO
  2. 混んでいたらそのまま待たされる
  3. 試着室に空きが出来たら案内されるがその際、試着する服の数を聞かれる
  4. 試着室の横に先ほど答えた試着数を書いた札を店員さんがつける
  5. あとは試着室で試着するだけ

④番の試着する服の数を書いた札を試着室の横につけるのはユニクロでみられる独自のやり方です。面白いですね。

まとめると試着するまでにこちらのする事は以下2点だけです。

  • カゴに商品を入れてそのまま試着室に行く。
  • 試着数を答える

何点まで持ち込めるの?

かごの中にはどれだけ入れていても大丈夫です。ただカゴは試着室の外に置く必要があり、試着室(カーテンの向こう側)の中に実際に持ち込めるのは3点と決まっています。

最初に聞かれる試着数を4以上で答えた場合
この場合は4点目以降の服はカゴの中に入れておいてひとまず3点だけを試着室に持ち込む。そして順次試着し終えた服は、カーテンを開けてカゴの中に戻し、まだ未試着の服をカゴから取り出し試着に戻る流れとなる

Tシャツは試着していいの?

まず最初に、Tシャツの試着が出来るかは服屋さんによって異なります。これは肌に直接当たりやすい服なので衛生面から禁止している服屋も存在するためです。

ユニクロではTシャツやポロシャツの試着が出来ます。ただやはり素肌に直接試着するのはマナー違反なので半袖Tシャツをあらかじめ着用して来店し、その上から試着するようにしましょう。

肌着のTシャツは試着できるの?
ユニクロでは肌着用としてエアリズムやヒートテック等、パックに入ったTシャツを売っています。ただすみません。これが試着できるかは試せていません。だいたいの売り場でハンガーにかけた状態の商品サンプルがありますのでこれを身体に当ててみてサイズを把握するのが無難と思います。

パッケージやピン止めしてあるシャツ等は試着していいの?

Yシャツ等の服は首周り等にプラスチックで型崩れ防止のピン止めがされています。これは試着できるのでしょうか。

ユニクロの場合は試着できます。ただその場合は試着数を聞かれるタイミングで、ピン止めされている服を試着することを伝えて、店員さんにピン止めを外してもらう必要があります。

ただこの場合、試着後にピン等の部品と服を店員に渡すという手順が必要になり少し面倒です。

なのでオススメ方法は、店頭にハンガーで展示されている商品サンプルを試着する方法です。これだと特別な店員とのやり取りもなくなり他の服とまったく変わらずに試着することが出来ます。

試着したい服のサイズ・色が展示されていない
基本的にはユニクロではハンガーで展示する商品サンプルとして全サイズを用意しています。ただ色のバリエーションが多い服だと試着したいサイズと色の双方が合致しているケースは少ないです。色に関してはある程度イメージできますので、試着では色は無視してサイズだけを見るために試着するのが無難です。
shichaku

化粧してるときにトップスの試着はできる?

化粧をしているときは特にTシャツなどのかぶり物の試着の場合にファンデーションが服についてしまうことがあります。

ユニクロでは化粧している場合も試着が出来ます。この場合、店員から化粧こすれ防止用シートが渡されます。基本的にはTシャツやポロシャツ等のかぶり物を試着しようしていたら店員さんが配慮してくれて向こうから渡してくれます。

裾上げの方法は?

ジーパンやチノパンは少し長いことも多く、裾上げをしたい事もあります。ユニクロでは単体で1,896円以上のズボンは無料で裾上げに対応してくれますのでぜひ裾上げサービスを利用しましょう。

裾上げの流れを以下に紹介します。

  1. 試着室のカーテンを開けて店員に裾上げをしたい旨を伝える
  2. 店員が裾を合わせてくれ、ちょうどいい位置にピン止めしてくれる
  3. 試着室を出る
  4. 他の商品と一緒にレジに進む
  5. 会計終了後、裾上げをしてもらう商品はいったん店員が預かってくれる
  6. その際、レジの店員から裾上げにかかる時間(約1時間ほど)を告げられ、また引換券を配布される
  7. 伝えられた時間に再度ユニクロに行き、試着室の店員に引換券を渡し、裾上げ後の商品と交換

注意点としては閉店ギリギリで裾上げを依頼すると後日の引き換えになる点です。

なのでズボン類を買う時は時間に余裕をもって来店する方がいいですね。

裾上げする時にその他気になる点をいくつか挙げました。少し多くなってしまいましたが参考にしてください。

お手軽裾上げ法
上記の①、②を自分で行うことができます。試着室内で自分で折っておくだけです。あとは③の段階で試着室の店員さんに折った位置で裾上げしたい旨を伝えることで、その位置にピン止めをしてくれます。その後は上記の④以降と手順は同じです。
いったん持って帰った服の裾上げはできるの?
ユニクロの商品であれば後日どれだけ時間が経っていても、また洗濯後であっても裾上げをしてくれます。この際レシートはなくても裾上げはしてくれるのですが、1,896円以上かどうかの確認ができないので裾上げが有料(300円程度)になる可能性があります。裾上げを後日するかもしれない場合はレシートは大切に保管しておきましょう。
シングルステッチ、チェーンステッチ?

裾上げではミシン糸の縫い方としてシングルステッチ、チェーンステッチから選ぶことが出来ます。チェーンステッチはジーパンの裾上げでよく使われる方法で、色落ちにこだわるジーパンマニアの方に支持されているようです。反対にチノパンやカーゴパンツではシングルステッチのみです。

ユニクロでチェーンステッチをしてもらうと、1,896円以上でも有料(約300円)と無料のシングルステッチに比べ高くなります。

シングルステッチ

シングルステッチ www.gamushara2007.com/hem/

チェーンステッチ

チェーンステッチ http://www.rakuten.ne.jp/gold/d-stock/susoage.html

試着室から出る時はどうすればいいの?

試着室から出る時に気をつけるのは、試着室に入ったときに店員さんに取り付けてもらった試着数を書いた札を忘れず外すことです。外して試着室にいる店員に返しましょう。

試着したけどしっくり来なかった…。

そんな時も特にすることは変わりません。カゴに商品を入れたまま試着室を出ましょう。買わない服を店員さんに返却する必要はありません。

一日に何度も試着していいの?

ぜんぜん大丈夫です。何度でも試着してしまいましょう。

店員の目が気になる時は、例えばシャツなどの羽織る系の服は店内にある鏡で試着すると試着室に入る回数を減らすことができます。

ユニクロで服屋の練習をしよう!

いかがでしたか?こんな風にユニクロではとても気軽に試着することができます。

ユニクロの店員さんの接客がとても親切で、客側から見てとても居心地のいい空間を作られているからなのですが、服屋にあまり行ったことがなく、服屋の雰囲気に慣れない側からするととてもありがたいですよね。【ユニクロの関連記事:ユニクロのハズレ商品ランキング】