ユニクロカイハラ製セルビッジジーンズの色落ち2016【写真付】

ファッション

2016/08/26(金)

ユニクロのセルビッジレギュラーフィットジーンズ

2014年に購入したユニクロのセルビッジレギュラーフィットジーンズ。日本で有名なデニム生地製造会社カイハラと共同で作っています。

いわゆる生デニム的なジーパンで最初は黒に近い濃紺なんですが、長年はいているうちに色が落ちていきヒゲと呼ばれる股関節あたりの白い線が勝手に出てきたりする、そんな経年劣化を楽しめるジーパンです。

私も2014年冬にこのセルビッジジーンズを購入したので今回はおよそ1年半経ったジーパンはどれくらい色が落ちたのか写真を交えて紹介したいと思います。

一年半経ったユニクロセルビッジジーンズ

ユニクロカイハラデニム201605

ユニクロカイハラデニム201603

ユニクロカイハラデニム201604

ユニクロカイハラデニム201606

ユニクロカイハラデニム201601

ユニクロカイハラデニム201602

一年半で結構色落ちしました。毎日履いているわけではなく週末に1回履くか履かないかくらいの頻度で着ていたので、毎日履いている場合なんかはさらに色落ちしそうです。

シングルステッチですそ上げをしてもらっています。最初はチェーンステッチにしておけばよかったなとちょっと後悔していたのですが、ちゃんと裾も色落ちしてくれてます。

お尻の色落ちが激しいのはよく自転車に乗っているせいだと思います。こんな風に自身の行動によって落ちてくる部位が変わってくるのも愛着が湧いてきて楽しいです。

ヒザ裏の色落ちがイマイチ?

股関節付近や表側ヒザ部分のヒゲは個人的にはいい感じに出始めていると思っているのですが、ヒザ裏のヒゲ(?)があんまり出てません。このユニクロセルビッジジーンズは12.9oz(ユニクロでは13.5ozのセルビッジジーンズも販売していました)なのですが、そのせいでしょうか。確かに歩いているときにヒザの裏の生地がしわになっている感じがしません。反対にヒザ裏のストレスがないので歩きやすいのは歩きやすいです。

洗濯の頻度と洗濯方法

また洗濯の頻度ですが汗をたくさんかいた日はもうすぐに、そうでなければ1ヶ月に1回程度洗っています。洗剤も特にこだわったものではなくアタックなんかの普通の選択用洗剤を使って洗濯機で洗っています。

ヒザ裏にシワがあんまりできず、色落ちがしょぼいのはもしかしたら洗剤のせいもあるかもしれませんね。

ユニクロのセルビッジジーンズはちゃんと色落ちする!

約1年半履いたユニクロのセルビッジレギュラーフィットジーンズの色落ちについて写真つきで紹介しました。

今まで色落ちを楽しむなんてあまりしたことなかったのですが、個人的にはもうなくてはならないほどこのジーパンに愛着が湧いていますし、とっても気に入っています。

ユニクロでは3,990円でセルビッジジーンズを取り扱っている(ユニクロのネットストアを見てみたのですがレギュラーフィットのセルビッジが販売されなくなっているようです。店舗にはまだあるのかもしれません。2016年8月26日現在)ので気になる方は手にとってみてくださいね。

このジーパンの最新色落ちレポート記事を追加しました。(2017年色落ちレポート

そのほかユニクロジーンズの歴史についてまとめました。シャトルデニムが発売されてからもう10年も経つんですね。(ユニクロジーンズの歴史