安くて無難なメンズシャツ。おすすめのブランド2選!

ファッション

2016/09/23(金)

安くて無難なおすすめメンズシャツ

「春や秋にちょうどいい羽織れる服がない!」そんな風に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

春や秋のちょっと肌寒いときにさらっと羽織れる服といえばシャツ(Yシャツ)とパーカーが代表的です。ただパーカーを着れる時期って思ったより短いです。冬、コートの下にパーカーを着てしまうとコートの形状によってはフードが二重になってしまって頭の後ろが布だらけになって可動域がせまくなっちゃいます。

その点シャツは冬になってもコートの下にすっと着ることができるので重宝します。

今回は秋や春の上着として、そして冬のコートの下にと必ずといっていいほど必要になってくる長袖のシャツ(Yシャツ)のおすすめブランドと商品を紹介します。

このブログで紹介している他の服と同じように安いコト、丈夫なコト、そして無難なデザインであるコトの3つを重視して選んでいます。要は作り的に見ても、そして流行や自分の好みの変化的に見ても長く着ることのできる服を紹介ています。

ユニクロのシャツは安いけど…

まず安い、丈夫(最近はペラペラ度が増してきていますが)、無難なデザイン、と言えばというブランド「ユニクロ」から見ていきますね。

ジーパンやTシャツ、カーディガンなんかはユニクロはとってもおすすめできるブランドです。でも、過去にもシャツの記事で触れたのですが、ユニクロのシャツ(ネルシャツやコーデュロイシャツなども含む)はお尻が完璧に隠れてしまうほどに丈が長く、また胴回りもゆったり目に作られているので野暮ったい印象になってしまいます。

確かに2,990円ほどでシャツが手に入るのは安いのですがサイズ感がとても無難とは言えず、ことシャツ類に関してはユニクロはオススメできません。

プロレスラーやラグビー選手のように体格がガッチリ系で筋骨隆々の方や、オシャレのためあえて大きいシャツを着る場合はまた話は違うと思うのですが、一般的な男性が無難なデザインのシャツが欲しい場合は避けるほうがいいと思います。

無印良品

無印良品はシンプルで品質にこだわった服が多いです。なのでシャツに関しても丈夫ですし、デザインもコレでもかというくらいシンプルなので申し分ないのですが、少し値段が気になりますよね。

確かに無印良品はユニクロなどのファストファッションブランドに比べて高めの値段設定です。ユニクロだと4,000円で買えるジーパンも8,000円くらいします。ただシャツに関してはユニクロとそう変わらない値段で買うことができます。

無印良品ロゴ

確かにユニクロでは限定価格として2,000円以下で買えるときもあり、3,000円の無印良品のシャツよりも安く買うことができます。でもシャツは一度買えばずーっと着ることができるので、たとえ1,000円高くても無印良品のシャツを買われることをおすすめします。

無印良品のシャツは少し丈が短いのですが、胴回りのゆったり具合はちょうどいいので、野暮ったい感じもなく、この価格帯のシャツでは品質もデザインもナンバーワンだと思います。

無印良品のおすすめシャツ

オーガニックコットン洗いざらしオックスフォードボタンダウンシャツ

無印良品オックスボタンダウンシャツ 2,980円(税込)

無印良品オーガニックコットン洗いざらしオックスボタンダウンシャツ http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738215059

無印良品のシャツで一番人気の高い「オーガニックコットン洗いざらしオックスフォードボタンダウンシャツ」です。

一枚は持っておくと春秋のアウターとして、冬のインナーとして重宝します。色も無印良品らしく落ち着いた色しか販売されていないので今回紹介した白や生成色以外の色でも無難に着ることができます。

サイズ感も無印良品のほかのシャツと同じでやはり丈が少しだけ短いですが、その他は1万円くらいするシャツと遜色ないものとなっています。そんなシャツが3,000円以下で買えるのはお得感がありますよね。

ちなみにオックスフォードというのは生地の名前です。シャツはこんな風に生地の名前が商品名に付くことが多いです。(オックスフォードやボタンダウンという単語の意味については服辞典をご覧ください。)

Old Navy(オールドネイビー)

Old Navy(オールドネイビー)はユニクロと同じ価格帯のブランドです。アメリカが本場のブランドです。

サイズ感もいいですし値段も安いので、無印良品が少し高いなと感じる方はオールドネイビーのシャツがおすすめです。確か2,000円ほどでシンプルなシャツが買えたはずです。

オールドネイビー

ただ品質に関してはアメリカっぽい作りだなと感じます。ユニクロのように生地がペラペラなわけではないのですが、生地がかなりゴワゴワしていて、肩の縫い合わせ部分なんかはかなりラフに作られています。

オールドネイビーに関しては商品がネット上に公開されておらず、ここで紹介することができませんでした。実店舗に足を運んで確認してみて欲しいです。

参考:アメリカのオールドネイビーの画像

オールドネイビーシャツ

オールドネイビーシャツ http://oldnavy.gap.com/

参考にアメリカで売られているオールドネイビーのオックスフォードシャツの画像を載せておきますね。

春秋はシャツが重宝するので一枚は持っておこう!

今回は春秋に一枚は持っておきたい気軽に羽織れるシャツを、安いこと、デザインが無難なこと、そして丈夫なことの3点を重視しておすすめのブランドを紹介しました。

服一着に2,980円と少し高く感じてしまいますが、一度買ってしまえば体系が変わらない限りずっと着続けることができるので、無印良品で買うのがやっぱりおすすめです。

ぜひ店舗で試着してみてお気に入りの一枚を探してみてくださいね。(シャツのサイズ感についてまとめました。→シャツはサイズ感に気をつけよう