wordpress-CompressJPEG&PNGimagesでファイルサイズが大きくなる

製作 プログラム

2017/11/12(日)

tinyPINGの画像圧縮プラグイン!

ホームページに画像を載せるときはファイルサイズが大事!というのはけっこう一般的になってきていますよね。

そしてワードプレスでも画像のファイルサイズを自動で圧縮してくれるプラグインがいくつか出ています。一つが「EWWW Image Optimizer」でもう一つが今回お話しする「Compress JPEG & PNG images」です。この「Compress JPEG & PNG images」はウェブ上で写真をドラッグするとファイルサイズを小さくしてくれる、あの有名な「tinyPING」が作っているプラグイン。設定もわかりやすくておすすめなんです。

…が、ぼくの環境だと「Compress JPEG & PNG images」プラグインを有効化すると逆に写真のファイルサイズが大きくなる現象が発生してしまいました。

自前で追加した画像リサイズが悪い?

ぼくはfunctions.phpで画像アップロード時に画像のタテサイズとヨコサイズを自動でリサイズする処理を追加しているのですが、どうもこの処理と「Compress JPEG & PNG images」がぶつかっているみたいです。

検証用画像はこの写真を使いました。画像サイズは480×360で行っています。

①自前のリサイズ処理無し&「Compress JPEG & PNG images」無し
ファイルサイズ:152KB(151,584B)
②自前のリサイズ処理無し&「Compress JPEG & PNG images」有り
ファイルサイズ:94KB(94,237B)
③自前のリサイズ処理有り&「Compress JPEG & PNG images」無し
ファイルサイズ:43KB(42,510B)
④自前のリサイズ処理有り&「Compress JPEG & PNG images」有り
ファイルサイズ:47KB(47,104B)

③番と④番のピンク色のところを見ると「Compress JPEG & PNG images」がなかったときの方がファイルサイズが小さくなっています。

あと①番と③番を比べるとfinctions.phpで追加した自前のリサイズ関数を通すだけでファイルサイズが70%くらい圧縮できているのがわかります。すごい圧縮率ですよね。

自前のリサイズ関数ではただ単にタテサイズが大きすぎたら480までリサイズしてね。という処理をしているだけなんですが…。

保存するだけでファイルサイズが変わる原因についてはこちらにまとめました。(JPEGの画質劣化とファイルサイズ

にしても70%というとてつもない圧縮率は圧縮されすぎな感じはありますが…。

tinyPINGの画像圧縮プラグイン:まとめ

今回はかなりレアなケースだとは思いますが、tinyPINGが提供しているワードプレス用画像圧縮プラグイン「Compress JPEG & PNG images」で圧縮したのに逆にファイルサイズが大きくなるときもある、という事を紹介しました。

ぼくの場合は自作関数とのバッティングが原因っぽかったですが、例えば「Compress JPEG & PNG images」の他に画像を加工するプラグインを別に入れていると同じようなことになっているかもしれませんので、一度チェックしてみてくださいね!